成長報告

本日4月1日はエイプリルフールですが、長商野球部は嘘もなにもありません。真っ向勝負でございます☀

 

お陰様で三重遠征を無事終了することが出来ました‼

三重遠征では全国レベルの野球の凄さ、常連校の強さを体感すると同時に一週間の団体生活(模擬寮生活)を通して時間の大切さ、気付き合い、自立を学びました。

家に帰れば家族が自分達中心に時間を合わせて動いてくれている事のありがたみ。

寝落ちしてしまっても、起きるまでには様々な物が動いていること。

自分の意見を聞いて、優しく賛同してくれるお母さん

厳しくも力をくれるお父さん

うるさいといいつつも元気をくれる兄弟

癒しをくれるペットたち🐶😸🐠

 

しかし、一週間は厳しく言ってしまえばライバルと共に過ごしました。

しかし、そんなライバルたちと熱く語る時間にもなったのではないでしょうか。

同じ夢を抱いていても辿り着くまでの過程には様々な道があります。

だからこそ、相手の意見を聞き取り入れる事の大切さを学び悩んでいたこともスッキリした人もいるのでは?

この三重遠征は充実したものだったと、自分は胸を張って言えます。

三重遠征期間だけでなく、三重遠征に至るまで様々な面でご協力して頂きまして誠にありがとうございました。

    そして、三重遠征期間グランドで練習に励んだBチームも変わりました。

彼らも、人数が減り自覚と積極性を試されたことと思います。

そして、練習試合もあり個々で様々な変化を感じたのではないでしょうか?

課題もたくさん見つかり今後の財産になるような事もあったのでは?!✴

場所は違えど野球部の気持ちは一つだったと思います。

それは、遠征から帰って来て初めの挨拶から温度差がない良くなった挨拶で思いました。

良いチームのまとまりを感じています。

意志疎通を大切に今後ともがんばります。