ご報告とお礼

まず始めに、ご報告が遅くなってしまい大変申し訳ありません。

沢山の暖かいご声援、誠にありがとうございました。

にも関わらず、ご期待にお応えすることができず、申し訳ありませんでした。

 

結果は2回戦敗退となりました。

結果では皆様に恩返しをすることができませんでしたが、自分達らしい野球をすることができたと思っています。

一年前のこの日、自分達は先輩方からの想いを託されました。

新チーム初日から約2週間ボールには一切触れず基本的な、挨拶、行進、メンタルを強化しました。

あの2週間は厳しくも、何か自分達の光を見つけられたのではないかなと思っています。

決して、技術が高い訳ではなかった3年生ではありましたがチームの和で沢山の奇跡を起こすことができました。

技術で魅せる野球以上に和で魅せる感動野球で様々な困難を越えて参りました、冬にはインフルエンザ大流行という困難がありましたが自分達の管理の甘さを気付かしていただく時期となりました。

春には、秋大会準優勝というプライド、プレッシャーなど失うものは沢山ある状態でありました。

秋、冬、と得た何かを失っていた春となりましたがあの春大会に沢山の事に気付かしていただきました。

あの春がなければ、今夏のように自分達らしい野球、泥臭く、粘り強い野球に辿り着けたのではないのかなと思います。

 

この2年半沢山の出来事がありました、毎日、毎日が充実しており本当に恵まれた毎日でした。

このように最後まで、楽しく野球をすることが出来たのは支えてくださった保護者の方、OBの方、地域の方、学校の方、、、書ききれないほど沢山の方に支えて頂きました。

本当にありがとうございました。

まだまだ長商野球部は様々な奇跡を見せてくれると思います。

今後とも応援の程、よろしくお願い致します。

 

この2年半、じぶん史上、最高の野球人生でした。

この野球部に来て、沢山の人と出合いご縁を感じ、繋がりを感じ、成長しました。

これからは社会に貢献して恩返しをしていきます。

 

本当にありがとうございました!

最高の高校野球人生でした。

 

                                               高70期一同