選手のみんながんばって!!

1月19日.26日に長商野球部初の試みである

障害予防スクリーニングテストがありました!

スクリーニングテストとは、

自分の体をよく知り どこの部位に障害(ケガ)が出やすいのか

また、パフォーマンスアップに繋げるために体のどこを変えれば良いのかと

明確に診断してくださるテストです。

診断してくださる先生として、

いつも選手の体のメンテナンスをしてくださっている理学療法士の関塚修久さんと

今回は、助っ人として同じく理学療法士の小池聴さんが来てくださいました!

テストでは、簡単な身体測定のような形で

意外と知れていなかった体の弱い部分が一目瞭然!!😲

2月2日にあったスクリーニングフィードバックで、

みんなの結果から障害予防方法を実際に体を動かして教えてくださいました。

技術が伸びないのにはここに原因があったのかと

気付かされた選手も多かったようです😏✨

関塚さん、小池さんありがとうございました!!

 

さて、ここ最近の練習は3日に浄水場の隣にある坂へ走り込みに行きました!

みんなつらいながらも、良い笑顔です!✨

この笑顔に実はマネージャーも元気をもらっています。

やっぱり笑顔は力なのです😄🔥

今回は最近冬太りの体型が気になってきているマネも少し走れ!ということで

全力疾走してきました!(笑)

こんなに走っている選手ってすごいなぁ~と痛感しました。

毎日の練習終わりにしっかりと

忘れがちな「お疲れ様」という言葉をかけたいです😳

長い時間を共にしてきた選手とマネージャーの間で

いつもは恥ずかしくて素直に言いずらい言葉がたくさんあると思います。

でもその言葉の一つかけてもらえたことで前向きになれたり、

頑張れたりすることも多々あります。

本当に言葉ってすごいんですよね。

自分達マネージャーも選手に元気や勇気をあげられる立場に!💪