悔しさをバネに

春大は悔しい形で終わりましたが、

成長が感じられる試合ばかりでした!

結果としては県ベスト4ですが、

結果にとらわれず夏大にむけてもう一度0からがんばります🔥
では、春大ベスト4までの長商野球部の歩みを振り返ってみましょう👊✨
特に佐久長聖戦は私達の目指す

「感動を与える野球」に近づいたと思うので

少し長めに書かせていただきます。🙇

 

5月11日(土)一回戦
🆚木曽青峰 10-0 ○ 5回コールド
近年取れていなかったAシード獲得のため全員野球で臨んだ試合でした!

投手が安定していたため野手も落ち着いていつも通りの試合が出来ました😊

打線もつながり無事にAシードを獲得することが出来ました💪
この試合は12安打でした!

そして10奪三振でとても守備や攻撃が安定した試合でした!

 

5月12日(日)二回戦
🆚佐久長聖 9-8 ○
初回から4点差をつけられ、二回ではソロホームラン。

5点差を諦めることなく粘り、三回表で打線をつなぎ3点獲得!

先発山田にかわって竹元が入り粘りつづけ五回終了で3-6の3点差に。

6回に1アウトでフォアボールとエラーから三塁打、

そしてフォアボールを出した竹元にかわり

レフトにさがっていた山田がもう一度マウンドへ!

ここを守り切りこの回の得点2点。3-8で5点差に。

迎えた七回表、先頭のレフト前ヒットに続き

四死球や打撃妨害、エラーにより3点獲得!

6-8の2点差に追いつきます!

七回裏フォアボールを三つ出すもダブルプレーで押さえました!

そして山田が三人で押さえた八回。

九回表、1アウト一、三塁でバッターボックスに立つのは途中出場石坂です!

マネージャーも選手も保護者の方も全てを石坂に任せました。

するとレフトオーバーを打ち同点に!!

スタンドもベンチも心から繋がった瞬間だと思います!

その後2アウト三塁から滝澤のセンター前ヒットで逆転🔥

裏を守り切り勝利をつかみとりました✨

試合中から涙が止まらなかったです…😂

打ってくれる、守ってくれると信じたみんなの気持ちが

選手に伝わったんだと思うと本当に嬉しかったです。

特別な勝利だったと思います。

試合が終わったあとのメンバー、スタンドで見守った選手の笑顔や

嬉し涙をみてこれが「感動を与える野球」だと心から思いました😊

 

5月15日(水)準決勝
🆚都市大塩尻 4-5 ×
初回からエラーやヒットが続き2点をとられ流れが都市大に。

五回に2点、七回に2点をとり逆転するも、

八回九回でフォアボールが5つと2安打により5-4と悔しい敗北となりました。

佐久長聖戦で活躍した石坂が4打点をあげました✨

 

5月16日(木)3位決定戦
🆚上田西 1-7 ×
秋大のリベンジをするため臨んだ試合でした。

秋大は2-14、七回コールドでした。

初回から四番にスリーランホームランを打たれ力の差を見せつけられました。

なんとか1点をもぎとるも、チャンスで一本でず、6点差で負けてしまいました。

 

春大は成長が感じられる試合ばかりでした。

今まで練習してきたあがり三回やチャンスでの一本。

いつも通りのスイング。一人一人の力が出た大会でした!

ですが課題もたくさんでました。

その課題を潰すため夏に向けて全員0からやり直していきます!

チームの底上げをする人や仲間を鼓舞する人、自分の力を磨く人。

全員で高め合うことでチームの力があがるはずです💪
マネージャーも試合では声を出すことでしかチームを支えられませんが、練習でのおにぎりや部室の掃除。一人一人とコミュニケーションをとって夏までにチームに貢献できるよう頑張っていきます!
夏、もう一度「感動を与える野球」をするため、

恩返しするため長商野球部は今まで以上に頑張りますので

応援の程宜しくお願い致します⚾